サプリを飲む以外の方法もご紹介!男性を元気にする活力サポートマメ知識



【いびきをかくと活力が低下する?】


あなたの周りに、眠っている時に

大きないびきをかく人はいますか?



あなたはそんな人を見た時、どのように思いますか?



「豪快で気持ち良さそうだな~」


「熟睡しているな~」


などでしょうか…。



確かに、周りを気にせず豪快に眠るその姿は

気持ち良さそうに見えますよね。




ところが!



実際はそうではないようです…。




実は、いびきをかくということは、

深い睡眠に入ることができていない証拠

と言われており、さらに

睡眠の質を落とす要因であることが

指摘されているのです。

・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン




また、それだけではありません。



最近は「いびき」とセットで

「睡眠時無呼吸症候群」

という言葉もよく耳にしますよね。



これは、いびきといびきの間に

「呼吸をしていない時間がある」という症状で、

この時間が長ければ長いほど重症とされています。

・・・∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!



重症とされている理由は・・・

呼吸をしていない間は脳に酸素が送られないため、

心筋梗塞や脳の血管障害などを患う危険性が

高まるからです。




いびきや睡眠時無呼吸症候群は、

風邪を引いた時や疲れている時などに起こりやすい

と言われており、また、頻繁に起こってしまうと、

身体に様々な悪影響を及ぼすことが分かっています。



なんと、その悪影響の一つが「活力低下」なのです!

・・・ショック☆☆ショック



いびきが活力の低下をもたらすとは

思ってもみなかったですよね。(^-^;)



いびきや睡眠中の無呼吸状態が頻繁に起こると、

身体を巡る血液が、慢性的な酸素不足に陥ります。



そして、血液中の酸素濃度が低下すれば、

脳の視床下部や脳下垂体の働きが鈍くなり、

それによって脳が

「テストステロンの分泌指令」などを

出さなくなってしまうのです。



テストステロンとは

男性ホルモンの一種で、

身体の筋肉を強化したり、

男性パワーの発揮を促す働きがあり、

活力面のパフォーマンス向上には

欠かせない存在です。




一般的に活力低下や活力不足は、

不安やストレスなどの心理的な要因や

高血圧や糖尿病などの身体的な要因により

引き起こされる場合が多いと言われています。



ところが、実際のところ、

このような大きないびきや睡眠時無呼吸症候群が

要因となる場合もあるのです。




活力低下のリスクを減らすには、

いびきをかかない良質な睡眠をとることが大切です。



大きないびきをかく人や

睡眠時無呼吸症候群に該当する人は、

主に40~60歳で

BMI(体格指数)値が25~30の

軽度肥満の男性に一番多いと言われています。



なぜなら、いびきの最大の原因は、

あごの周りに脂肪が付き、

気道が圧迫されることにあるからです。



適度な運動と食事によって肥満を予防することが、

結果としていびきを防ぎ、活力低下の予防にも

繋がると言えそうですね。




とはいっても、一方で

睡眠時無呼吸症候群の患者の3割は

「太っていない人」

というデータも存在します。



なぜ太ってもいないのにいびきをかくのかというと、

その原因は、東アジア人特有の「小さなあご」という

骨格構造にあると言われています。



一般的にあごの小さい人は、

睡眠時に舌の付け根が喉の方へ移動する傾向にあり、

それによって気道が邪魔をされ、

空気の通りが悪くなるのだそうです。



そのようなことから、

日頃から硬い物を食べるよう意識し、

丈夫なあごを形成することも、

いびきの予防には有効と言われています。




このように、男性の寝姿を

一見豪快で男らしく見せる「いびき」ですが、

実のところは、

『男性ホルモンの減少を招き、

 男らしさを奪ってしまう…』

という喜べない行為でもあったのです。(T-T)



自分のいびきに心当たりのある方は、

今回ご紹介したいびきを減らす方法を

試してみてはいかがでしょうか。






■【参考資料】「活力低下とメタボの関係とは?」

■【参考資料】「ポカポカ陽気は活力サポート日和」




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★今日のポイント★★

いびきや睡眠時無呼吸症候群は、血液中の酸素濃度を

低下させ、テストステロン(男性ホルモン)の分泌を

減少させる要因となる。

活力維持のためには、

できるだけいびきをかかない工夫

をして睡眠の質の改善を図ろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━